決断力(ある人とない人がいますが、訓練によっても鍛えられるといわれています)のない男性が近頃は増えているようです。何かをすることによってきや決めるとき、いつまでも迷ってなかなか自分の意思表示が出来ない男性、見ていてイライラする女性(消費の鍵を握っているともいわれていますね)もいますからは。一般に女性(消費の鍵を握っているともいわれていますね)は、男性に比べて決断力(ある方がたのもしい?象を与えられるでしょう)がないだといえますね。女性(消費の鍵を握っているともいわれていますね)の特質として協調性というものがあり、これは誰かについていきたいといった心理でもあるでしょう。つまり、女性(いくつまでが女子なのかというツッコミもありつつ、女子会や女子力なんて言葉もよく使われます)は、自分で決めて何かをするより、人に従ってついていきたいと言った面が強い為す。ゆえに、自分にはない決断力(ある人とない人がいますが、訓練によっても鍛えられるといわれています)のある男性に魅力を感じるになるのです。何事に対しても、ちゃんと貴方の意見を持っていて、それをいえる男性は、女性(消費の鍵を握っているともいわれていますね)だけじゃなく男性からみても魅力的でしょう。でも、あなたの意見をはっきりいって人から嫌われるのでは、などと思っている人もいるものです。しかし、人に嫌われたくないからと、ハッキリものを言わないのは逆効果。自分の価値を下げてしまうことになりますね。言うべきときには言う、これが真の男の魅力。それでたとえ敵が出来ても、肥やしにすればいいだけといわれているのです。とはいうものの、何でもかんでも自分で決めて人の意見を聞かないようになったら、これは決断力(ある人とない人がいますが、訓練によっても鍛えられるといわれています)があるのではなく、自分勝手事です。「決断力(ある人とない人がいますが、訓練によっても鍛えられるといわれています)がある」と「自分勝手」は紙一重っぽいところがありますから、十分注意(してくれる人がいるうちが花だといえるでしょう)したいものですよね。たとえば、女性(ならではの視点が重宝されることもある反面、振り回されてしまうこともあるかもしれませんね)とデートをしていてレストラン(最近では、口コミを調べてから行くという人も増えていますね)を探すとき、「ここ、おいしそうだけどどう?」とか、メニュー(献立や予定している内容、操作項目などのことです)を選べねき、「これ美味しそうだね」等と、何気なさを装って女性(戦後強くなったなんていわれますが、逆に男性が弱くなったのかもしれません)に意見を促してながら、決めていける男性は決断力(ある人とない人がいますが、訓練によっても鍛えられるといわれています)があるといっていいと思いますー